互換インクを認識してくれない時の対処

互換インクにも純正品と同様にICチップが付いているものがあります。これはインクの残量をプリンター画面で表示させるためや正しいカートリッジが取り付けられているか認識させるための役目をしています。互換品に付いているICチップの形状は、純正品とは異なる場合があります。ただ、形状が異なるだけでプリンターの型番に適合しているカートリッジならちゃんと認識してくれます。もし互換品を取り付けてもプリンター側で認識してくれない場合は、一旦プリンターからカートリッジを取り外し、あらためて挿し直すとちゃんと認識してくれます。たまたま正しい位置に取り付けられていなかったというだけの場合は、挿し直しだけで済みます。それでも認識できない場合は、プリンターの電源を入れ直してみましょう。こんな簡単なことでちゃんと使えるようになるので、認識しないからといって捨ててしまわないでください。

互換インクは故障の原因とよく言われるが

純正品と比べるとかなりお買い得なのが互換インクです。家電量販店でも純正品と並べて売られていますし、その数も決して少なくありません。互換インクを製造しているのはプリンターメーカーではありません。まったく関係のない第三者企業によって作られています。プリンターメーカーと提携しているわけでもなく、ライセンス契約や委託生産しているわけでもありません。よく互換品は故障の原因になるから使わないほうがいいと言われていますが、大きな家電量販店で売られているくらいですから、多くの愛用者がいて必ず故障するということではないということは容易に想像できるでしょう。ですがコストの安さから一般の人のみならず、一般人とは比べ物にならないくらい大量に印刷する機会のある企業でも利用されています。使用頻度の高い企業でも使われるということは故障の心配はたいしてないということが想像できます。

使用済み互換インクの処分方法

プリンター用インクカートリッジで使用済みになったものは、家電量販店などに設置してあるリサイクルボックスなどで回収されています。また純正品ならメーカーによる引取回収サービスを行っています。回収されたカートリッジは原料として利用されカートリッジの一部や別のプラスチック製品として生まれ変わります。また一部ではありますが、洗浄や修理などをしたあとインクを詰め直してリサイクル品として販売されることもあります。互換品の場合はリサイクルボックスでの回収が可能です。ただ一部のリサイクルボックスは純正品のみ投函可能となっています。その場合は互換品は投函できないので注意が必要です。投函前に持っているカートリッジが対象となっているかどうか確認するといいでしょう。リサイクルボックスに投函できない場合は、自治体のルールに従ってごみとして処分することになります。